ブログトップ

株式会社グローバルコミュニケーション・インク

gcinc.exblog.jp

ウィルコム、維持費がかからない備蓄用PHS「防災だフォン TWX01NX-DE」


ウィルコムは3月6日、乾電池で駆動する防災用の法人向けPHS「防災だフォン TWX01NX-DE」を発表した。4月18日に発売する。



防災だフォンは、ネットインデックス製のPHS端末「WX01NX」を乾電池で駆動するようにした端末。
普段はほかの災害用品と一緒に備蓄しておき、緊急時の連絡にのみ使うことを想定している。



ひと目で防災用品と分かる製品パッケージには、端末本体とシリコンジャケットのほか、電源の単四乾電池3本が付属。
使用時には専用の電池ボックスを取り付け、さらにオレンジのシリコンカバーを装着する。
通常のバッテリーや充電機などは付属しない。
単四形アルカリ乾電池3本で、350時間の連続待受約と約3.5時間の連続通話が行える。



災害時の一時的な連絡手段――という製品のコンセプトに合わせ、料金プランには専用の「防災だフォン一括販売プラン」を提供する。
このプランは、1台3万5800円で端末を購入すれば、3年間は基本料がかからないというもの。
通話には「標準コース」の料金(例:60秒10.5円+1通話10.5円)が使った分だけ課金され、ウィルコム同士の定額やだれとでも定額は適用されない。
またユニバーサル料も端末代金に含まれている。



4年目以降は、月額基本料525円で継続利用できる。
また、3年以内に防災だフォン一括販売プランを解約する場合は、1万500円の契約解除料が発生する。


b0237119_1218519.jpg
「防災だフォン TWX01NX-DE」のパッケージ(イメージ)





携帯電話の新規・機種変更お申し込みは
グローバルコミュニケーション・インクへどうぞ




こちらの情報も是非ご覧ください

JUGEM

ココログ

livedoorブログ
[PR]
by gcinc | 2012-03-07 12:19
<< iPhoneの音声エージェント... ニセのケータイ用ACアダプター... >>