ブログトップ

株式会社グローバルコミュニケーション・インク

gcinc.exblog.jp

スマホじゃないケータイでもSkypeが使える BREW版「Skype au」を試す(前編)

Skypeといえば、PC用のVoIPあるいはインスタントメッセンジャー(IM)として幅広く使われている。
対応するプラットフォームはPCだけでなく、スマートフォンやタブレット、ポータブルゲーム機、デジタルAV家電などにも広がり、デバイスの垣根を越えて使えるようになった。
基本的な使い方なら無料という手軽さも人気の秘密だ。


なかでもKDDIのau端末向けに提供される「Skype au」はひときわユニークな存在。
携帯電話サービスを提供するキャリア自身が、“無料通話”を売りにするSkypeを正式にサポートしているうえ、データ通信を通すパケット通信網ではなく、音声通話のための回線交換網を利用するのも特色だ。


Skype auのもう1つの特徴が、フィーチャーフォン向けのアプリも用意している点。
これまでもフィーチャーフォン向けにVoIPを実現したサービスはいくつかあったが、専用の設備が必要な企業・SOHO向けの内線ソリューションであったり、対応ISPと対応する無線LANルーターの組み合わせで使う宅内用(NTTドコモのホームUなど)にとどまっていた。
ロケーションの制限なくケータイでVoIPを実現したのは、Skype auが初めてといっていいだろう。

b0237119_10421011.jpg
Skype auを起動したauのフィーチャーフォン



【対応するのは、2011年夏モデル以降のauケータイ】
Skype auが使えるケータイは現時点で種類が少ない。
対応する携帯電話はauの2011年夏モデル以降のもので、現時点では
「F001」「T007」「T008」(富士通東芝モバイルコミュニケーションズ)、
「URBANO AFFARE」「S007」(ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製)、
「CA007」(NECカシオモバイルコミュニケーションズ製)、
「K009」(京セラ製)の7機種。

これらフィーチャーフォン向けのSkype auは端末固有の機能ではなく、BREWアプリとして提供される。
端末には初めからインストールされていないので、使用するにはダウンロードが必要だ。
とはいえ、対応機種であればEZアプリのメニュー内にダウンロード用のショートカットが登録されているので、準備はすぐに完了する。

b0237119_1044077.jpg
Skype auに対応するauのケータイ。
上段左から「F001」「URBANO AFFARE」「CA007」「S007」。
下段左から「K009」「T007」「T008」





起動すると最初に表示されるのがサインイン(ログイン)画面だ。
すでにSkypeを使っているなら、アカウント(Skype名)とパスワードを入力するとオンライン状態になる。
もちろん、Skype auから新規でアカウントを作ることもできるが、現時点でSkype名は後から変更することができないので(表示名は任意に変更できる)注意したい。


サインインにかかる時間は、スマートフォンやPCに比べるとやや長め。
アプリのUIはスマートフォン版と基本的に同じだが、状態(ステータス)と設定のアイコンがある点が違う。
さっそくコンタクトのリストに登録されている“Skypeテスト通話”に発信して、テストを行ってみる。
音質はそこそこ良く、au回線での通話とあまり差は感じなかった。


UIこそ違うが、基本的な使い方は別プラットフォームのSkype、あるいはスマートフォン版のSkype auと同じだ。
すでにPCなどでSkypeを使っている場合はコンタクトリストが同期されるし、これから連絡先を追加する場合はアプリからSkype名や表示名、メールアドレス(公開されている場合)を検索できる。
コンタクトリスト内の“連絡先”から、通話あるいはIMを送信する相手を選ぶという操作も共通だ。
またプロフィールの編集や、Skype名と一緒に表示するムードメッセージもケータイから入力できる。



b0237119_10443981.jpg
Skype auのメイン画面(写真=左)とログイン状態の変更画面(写真=中央)、ムードメッセージの設定画面(写真=右)




b0237119_1045746.jpg
アプリの起動はすぐだが、オンラインになるまでは少々時間がかかる。
自動サインイン機能を活用したい(写真=左)。
コンタクトの検索や追加もフィーチャーフォンから可能(写真=中央、右)


とはいえ、フィーチャーフォンでSkypeを使う以上、PCやスマートフォンとは使い勝手が違う点も多々あった。





【完全無料とは言えない料金制度】
Skype auの料金についてもちょっと注意が必要だ。
原則として月額980円の利用料金がかかるが、基本の料金プランにプランM/L/LL/Wを選んでいると無料になる。
多くのユーザーが選んでいるであろう、プランE/S/SS/Zでは利用月に980円が発生する。
また、Skype auの通話は回線交換網を使うためパケット通信は使わないが、起動時のステイタスチェックやIMを送受信する場合はパケット通信が発生する。
ダブル定額ライト/スーパーライトなどのパケット定額制プランは必須だろう。


ということで、フィーチャーフォンでSkype auを使う場合の料金パターンを以下のように表にしてみた。
パケット料金はEZwebのみ(PCサイトビューアーや別デバイスと接続してのネット利用を行わない)を利用した場合の上限で計算している。



フィーチャーフォンでSkype auを使う場合の料金パターン
b0237119_10453786.jpg
※:誰でも割に加入した場合。
※2:国際通話の通話料金2480円が含まれている。
※3:このほかにユニバーサル料などが追加される。



スマートフォンの場合、パケット定額プランの「ISフラット」(月額5460円)を使っていればSkype auは無料で使える。
ISフラット(5460円)にプランE(780円)とIS NET(315円)を組み合わせると6555円になり、フィーチャーフォンで使う場合(最低でも6485円)とでは大きな差は感じない。
もっとも、端末料金の支払い方法や毎月割で差し引かれる金額を勘案すると、その差は違ってくる。

以上のようにフィーチャーフォン向けのSkype auは、使うための固定費がある程度かかるため、すべてのauケータイユーザーが恩恵を受けられるサービスとはいえない。
しかし、普段からSkypeの利用頻度が高いユーザーが、音声通話を重視してフィーチャーフォンを選ぶ場合、BREW版Skype auは音声通話にかかる変動費をかなり下げることが可能だ。

後編では具体的な使い方や、ほかのプラットフォーム用Skypeとの違いについて検証してみたい。




携帯電話の新規・機種変更お申し込みは
グローバルコミュニケーション・インクへどうぞ


こちらの情報も是非ご覧ください
http://ameblo.jp/globalcinc/


http://globalcinc.seesaa.net/



http://globalcinc.jugem.jp/
[PR]
by gcinc | 2012-01-24 10:51
<< スマホじゃないケータイでもSk... 中古車ポータルサイト 「トラッ... >>