ブログトップ

株式会社グローバルコミュニケーション・インク

gcinc.exblog.jp

<   2012年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Apple、3月7日に新型iPad(iPad 3)を披露 発表会を告知

米Appleは3月7日午前10時(日本時間8日午前3時)に発表会をサンフランシスコで開く。
「iPad 3」と呼ばれてきた新型iPadを披露するとみられる。
招待状を受け取った米メディアが一斉に報じた。


b0237119_16362473.jpg



発表会を報じた米メディアには招待状の画像が掲載されているが、そこに写っているiPadとおぼしき薄型デバイスのディスプレイは、フォントなどの表示から精細度の高さを感じさせ、噂されるRetina Displayの搭載を期待させる。


噂では、新型iPadが搭載するというRetina Displayは9.7インチと現行のiPad 2と同サイズだが、解像度が2048×1536ピクセル(iPad 2は1024×768ピクセル)に向上するという。
またクアッドコアプロセッサの採用(「A5X」や「A6」チップなどと呼ばれている)や、LTEへの対応などが予想されている。



現在はiPhone 4Sでのみ利用できる音声認識機能の「Siri」だが、3月にも日本語版が登場するといわれており、このタイミングで発表されるかもしれない。



気になる発売日は、iPad 2の時と同様に、発表から1週間ちょっとだと噂されていますが、今回は先行予約を受け付けるとの情報もあります。



価格ですが、数日前に中国のブログにiPad 3の価格表が投稿され、話題を集めました。
その価格表によると、iPad 3 はiPad 2より80ドル値上がりしています。
真偽のほどは定かではありませんが、一般的にはiPad 2の価格と大差はないだろうといわれています。



そして、新型iPad(iPad 3)をKDDIからも販売されるようです。
販売するモデルは携帯通信回線が利用できるモデルであり、ソフトバンクの独占体制が崩れ、2社が競い合うことになるとしています。






携帯電話の新規・機種変更のお申し込みは

グローバルコミュニケーション・インク へどうぞ!!
[PR]
by gcinc | 2012-02-29 16:37

NTTドコモ、厚さ6.7ミリの「MEDIAS ES N-05D」を3月1日に発売


NTTドコモは、NECカシオモバイルコミュニケーションズ製のAndroidスマートフォン「MEDIAS ES N-05D」を3月1日に発売する。
事前予約は2月24日から受け付け中。

b0237119_14352483.jpg


b0237119_14353793.jpg




MEDIAS ES N-05Dは、厚さ6.7ミリの防水・防塵ボディに4.3インチのHD(720×1280ピクセル)表示ディスプレイを搭載したwithシリーズの端末。
タッチパネルは、乾燥肌でも感度が落ちない「高感度タッチ」や、操作と連動して振動する「タッチフィードバック」に対応した。




カメラは810万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用。
おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信といった国内向けサービスもしっかり対応した。
防水はIPX5/IPX8に準拠、また防塵はIP5Xに対応する。
チップセットには1.5GHzのデュアルコアCPUを搭載し、内蔵メモリはROMが4Gバイト、RAMは1Gバイト。
バッテリー容量は1400mAh。
なお、Xiには対応していない。




MEDIAS ESは、スマートフォンの画面を遠隔で見ながら操作や設定をガイドする「スマートフォンあんしん遠隔サポート」にも対応している。
このサービスは、専用のコールセンターに電話をしてサポートアプリを起動すると、オペレーターがユーザーの画面を確認しながらスマートフォンの操作を案内してくれるというもの。
料金は月額420円(「ケータイ補償お届けサービス」と一緒に加入すると126円)だが、3月1日から5月31日まではキャンペーンとして無料で提供する。

b0237119_14355514.jpg





携帯電話の新規・機種変更お申し込みは
グローバルコミュニケーション・インクへどうぞ



こちらの情報も是非ご覧ください


ココログ

livedoorブログ

Seesaaブログ
[PR]
by gcinc | 2012-02-28 14:36

「SoftBank 4G」スタート


ソフトバンクモバイルの次世代通信サービス「SoftBank 4G」が、2月24日にスタートした。
同時に対応端末の「ULTRA WiFi 4G 101SI」(セイコーインスツル製)が発売され、ウルトラマンと吉本芸人が登場した記念イベントが、東京・汐留のソフトバンク本社で開催された。


b0237119_16243499.jpg




SoftBank 4Gは、ソフトバンクグループのWireless City Planningが提供する「AXGP」方式のサービス。
TD-LTEと100%互換の高速通信が特徴で、規格上の下り最大速度は110Mbpsを誇る(上りは最大10Mbps)
第1弾の101SIは下り最大速度が76Mbpsにとどまるが、今後は110Mbpsに対応した製品が登場する見込み。
SoftBank 4G(AXGP)のサービスエリアは、2012年度末に全国政令指定都市の人口カバー率を99%まで広がる予定。
101SIは3G(DC-HSDPA)もサポートしており、“4G”以外のエリアでは下り最大42Mbps/上り最大5.7Mbpsの通信が行える。


料金プランは専用の「4Gデータし放題フラット」(月額5985円)を用意。
これに4Gデータ通信の基本料金が月525円かかり、合計は6510円になる。
ただし、4月30日までに申し込むと「4Gデータ通信スタートキャンペーン」が適用されて月額4980円(基本料込みで5505円)になるほか、ソフトバンクのスマートフォンやタブレット端末を利用しているユーザーには、月額3880円(基本料は無料)で4G通信が利用できる「スマホセット割」を提供する。


ソフトバンクモバイルは下り最大42Mbpsのデータ通信を「ULTRA SPEED」と銘打ち、CMにウルトラマンを起用。
ULTRA SPEEDよりも高速なSoftBank 4Gについても、引き続きウルトラマンがPRを担当する。




携帯電話の新規・機種変更お申し込みは
グローバルコミュニケーション・インクへどうぞ



こちらの情報も是非ご覧ください


FC2ブログ

Amebaブログ

Seesaaブログ
[PR]
by gcinc | 2012-02-27 16:27

2回線目のAndroid端末を基本料金無料で使えるキャンペーン――ソフトバンク


ソフトバンクモバイルが2月23日、「スマートフォンお試しキャンペーン」を発表。
2012年3月1日から5月31日まで実施する。



同キャンペーンでは、ソフトバンクユーザーがソフトバンク3G携帯電話(フィーチャーフォン)に機種変更し、同時に対象のAndroidスマートフォンを新規契約した場合、2回線目の新規事務手数料とホワイトプランの基本使用料が最大27カ月間無料になる。
(パケット料金は発生する)




キャンペーンの対象機種は「シンプルスマートフォン 008Z」「GALAPAGOS 003SH」「GALAPAGOS 005SH」「Vision 007HW」「Libero 003Z」(今後変更される可能性がある)

対象機種の端末代は、このキャンペーンで特別に割り引かれることはない。




キャンペーンを適用するには、2回線目の申し込みと同時に、1回線目が1年または2年単位での利用が条件になるサービス(ホワイトプランなど)に加入する必要がある。

また、1回線目と2回線目は同一名義で契約、2回線目はホワイトプランに加入する必要がある。

ホワイトプランは2年契約が前提となり、更新月以外に解約をすると
9975円の契約解除料がかかる。





携帯電話の新規・機種変更お申し込みは
グローバルコミュニケーション・インクへどうぞ



こちらの情報も是非ご覧ください


FC2ブログ

Amebaブログ

Seesaaブログ
[PR]
by gcinc | 2012-02-24 12:36

使わない月は無料の「基本料0円SIM」、日本通信がヨドバシ限定で提供


日本通信は2月22日、使わない月は料金が発生しない「基本料0円SIM」を、ヨドバシカメラとの提携により3月1日から発売すると発表した。
標準サイズのSIMとマイクロサイズのSIMの2種類を、ヨドバシカメラ全店および通販サイト「ヨドバシ・ドット・コム」限定で販売する。
パッケージの価格は、初期手数料に相当する3150円。



データ通信専用SIMカードを単体で販売するもので、購入後に専用Webサイトで回線の開通手続きをすることでサービスが利用できる。
開通日を起点に1カ月間全く通信しなかった場合、その月の料金は発生しない。
100Mバイトまでは従量課金、100Mバイト以上になると3780円で1Gバイトまでの定額プランとなる。
なお、過去6カ月間のデータ利用量の合計が1Mバイト未満の場合は、利用契約が解除される。



NTTドコモのFOMAネットワークを利用し、下り最大14Mbps/上り最大5.7Mbpsの通信速度に対応する。
対応周波数は2100MHz/800MHz。




携帯電話の新規・機種変更お申し込みは
グローバルコミュニケーション・インクへどうぞ



こちらの情報も是非ご覧ください


FC2ブログ

Amebaブログ

Seesaaブログ
[PR]
by gcinc | 2012-02-23 13:30

「信頼回復に向けた第一歩を踏み出せた」―ドコモがネットワーク障害対策の進捗を説明


NTTドコモが、2011年8月から発生したネットワーク障害への対策についての進捗状況を2月21日に説明した。



2011年8月16日にspモード経由でインターネット接続しにくくなる障害、12月20日にはspモードメールで他ユーザーのメールアドレスが誤って設定される不具合、2012年1月1日にはspモードメールが利用しにくくなったほか、メールの不達メッセージが届かない障害が起きた。
これらはいずれもspモードシステム上で起きたもの。
1月25日にはパケット交換機の障害により、東京都の一部地域でFOMAの音声通話とパケット通信が利用しにくい障害も発生。
これらのネットワーク障害を受け、総務省がドコモに行政指導を行うまでの事態になった。



総務省からの行政指導を踏まえてドコモは、2月19日までに「spモードの信頼性向上に向けた対策」と「パケット交換機の処理能力の総点検」を実施した。
代表取締役社長の山田隆持氏は「spモードシステムとパケット交換機とも安定して運用できる状態であることを確認できた」と説明。
同社は今回実施した対策を土台とし、スマートフォン5000万台にも耐えうるネットワーク基盤の高度化実現を目指す。



ネットワーク障害の再発防止に向け、ドコモは2011年12月25日にネットワーク基盤高度化対策本部を設立し、「組織」「業務」「設備」の3点から対策を進めている。
組織面では、spモードシステムの再検証と処理能力向上を推進するため、1月11日に14人から成る「高度化推進室」を設置。
2月13日には人為故障の撲滅を推進するためのプロジェクトを発足。
開発部門とベンダーと連携して24時間対応できるホットラインも形成した。
またNTTグループ(NTTコムウェアやNTTコミュニケーションズなど)と連携し、IP技術者を10~20人ほどドコモに受け入れるお願いもしており、「一部の技術者は来てくれることが決まっている」(山田氏)という。



ネットワーク障害対策の全体像 業務面では、ユーザーに迅速かつ的確に情報提供できるよう徹底する。
通信障害などが発生した際は、これまでと同様にWebページで案内するほか、ドコモショップやコールセンターにも素早く情報を共有し、「(これまでと違い)今はショップやコールセンターですぐに対応できる体制になっている」(山田氏)という。
2011年12月20日のspモード障害発生時には、専用のコールセンターも設置した。



設備については、spモードシステムとパケット交換機の対策を行う。spモードシステムではパケット交換機から端末にIPアドレスを通知するタイミングを見直し、spモードシステムでIPアドレス登録完了後に通知するようにした。これにより、電話番号とIPアドレスの不一致が発生しなくなるという。したがって現在は、万が一輻輳が発生しても他人のメールアドレスが設定されるといった事態は起こらない。このために変更したソフトウェアをspモードの認証系サーバ24台とパケット交換機201台に実装しており、作業は2月19日に完了した。伝送路が故障した際に端末が一斉に再接続をする「バーストトラフィック」への対策として、通信中のユーザーのみが再接続をするように4月下旬までに処理を完了させる。通信をしていないユーザーについては、Androidの仕様上、遅くとも28分に1回は通信をするようになっている。

パケット交換機は2月19日までに201台を総点検し、「新たなソフトを導入したことで、(端末と通信設備との間でやりとする)制御信号が各交換機にどれだけ送られていたかが分かった」(山田氏)。
ドコモはパケット交換機が処理できる制御信号と同時接続の許容範囲を最大80%に設定し、制御信号と同時接続のリソース使用率が高い交換機のあるエリアから、優先的に設備を増強する。
現在は6台の新型パケット交換機を導入しているほか、2月25日には東京都23区の一部に2台、3月3日には愛知県の一部に3台など、2012年4月までに計40台の新型パケット交換機を導入する。
当面は新型/旧型パケット交換機の両方を併用する形になる。
あわせて、2012年8月中旬までにパケット交換機の制御信号の処理能力を向上させる。



パケット交換機は未明(深夜1時から6時ごろまで)に増設する。
その際、配下にある無線制御装置のデータを入れ替えるため、該当エリアでは、5~10分ほど通話とパケット通信ができなくなる。
ただ、「都内は基地局が超密にあるので、1つの基地局が5~10分使えなくても隣のエリアの電波で使えることもある。
すべてのお客様が影響を受けることはないだろう」と取締役常務執行役員の岩崎文夫氏は説明する。
このように一時的に通信が止まるエリアについては今後、Webサイトで地図とあわせて案内し、より詳細なエリアが分かるようにする。



パケット交換機に負荷を掛ける制御信号は、スマートフォンアプリで通信をする際に発することから、アプリ提供者への協力も求めていく。
「2月15日にdメニュー提供者(700社)を招いてのイベントを実施した際には、一連の障害や制御信号がネットワークに負荷を与えてることを説明した。
提供者からは、今まではPC向けを中心にアプリを作っており、無線環境での問題はあまり意識していなかったという話も出た。
無線環境では周波数の有効利用が必要。制御信号をどう扱うかの検討は進んでいないが、(開発者と)コミュニケーションを深めていきたい。
Googleとの話し合いも進めている」と代表取締役副社長の辻村清行氏は説明した。



「一番反省をしないといけないのは、スマートフォンが伸びてきたときにトラフィックばかりに目が行っていたこと。制御信号を甘く見ていた」とネットワーク障害の主因を話す山田氏。
再発防止への取り組みが着実に進んでいることについては「信頼回復に向けた第一歩を踏み出せたのでは」と評価する。
「これまではお客様から安心・安全のドコモと理解されていたが、障害を起こして申し訳なく思う。信頼回復に努めるとともに、全社一丸となってスマートフォン5000万台に耐えうるネットワークの基盤構築を実現させたい」と力を込めた。



携帯電話の新規・機種変更お申し込みは
グローバルコミュニケーション・インクへどうぞ



こちらの情報も是非ご覧ください


FC2ブログ

Amebaブログ

Seesaaブログ
[PR]
by gcinc | 2012-02-22 13:27

繊細なタッチ操作が可能なタッチペン「Jot」にミニサイズが登場

プリンストンテクノロジーは、よりコンパクトで繊細な描写を可能としたスマートフォン・タブレットPC用タッチペン「Jot Mini」を2月下旬に発売する。
価格はオープンで、実売予想価格は2780円。




b0237119_1634920.jpg

左からグリーン、レッド、ブルー、パープルのスマートフォン・タブレットPC用タッチペン「Jot Mini」









b0237119_164879.jpg

ペン先の透明ディスクで接点を視認できる




Jot Miniは、ペンの先端部分に透明ディスクを装備し、タッチパネルとの接触部分を視認できるというもの。
ペンを当てている部分がひと目で分かるため、通常のペンと同じように正確で繊細な描写が可能だ。
ボールポイント式によって透明ディスクが+-45度の範囲で自由に動くため、書きやすい好みの角度に変えられるという。



先端の透明ディスクやペン先のボールポイントの形状は、これまでに発売した「Jot」や「Jot Pro」より小さくコンパクトに変更。
握り心地はそのままで、スマートフォンサイズでも快適に扱えるサイズを実現している。
グリーン、レッド、ブルー、パープルという4色のカラーを用意し、胸ポケットに挿して持ち運びしやすいペンクリップを装備。
付属の保護キャップでペン先をしっかりガードし、ボディには質感のいいアルミ製の素材を採用して
いる。





携帯電話の新規・機種変更お申し込みは
グローバルコミュニケーション・インクへどうぞ



こちらの情報も是非ご覧ください


Amebaブログ

livedoorブログ

Seesaaブログ

JUGEM
[PR]
by gcinc | 2012-02-21 16:07

モバキャス「NOTTV」対応のAndroidスマホ「AQUOS PHONE SH-06D」

NTTドコモが、携帯端末向けマルチメディア放送「モバキャス」対応のスマートフォン第1弾として発売するのが、シャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE SH-06D」だ。
先進のハードウェアに、mmbiが提供する「NOTTV」の映像やデータを受信するための機能を備えた。発売は3月の予定。
b0237119_15514762.jpg



NOTTVは、2012年4月に開局予定の、スマートフォン向け放送局。
放送の技術を利用した映像コンテンツの配信を行うのはもちろん、雑誌や新聞、書籍、ゲームなどのデータも配信する。
受信端末が基本的にスマートフォンやタブレット端末となるため、全て通信機能を持っており、放送局から一方的にデータを送るだけでなく、視聴者からのデータ送信を前提としたサービスも考えられる。



SH-06D自体は、4.5インチのHD(720×1280ピクセル)液晶を搭載したAndroid 2.3搭載のスマートフォン。
歴代のAQUOS PHONEと同様、3D表示にも対応している。
CPUはデュアルコアのTI OMAP4460 1.2GHzを採用しており、「AQUOS PHONE SH-01D」(OMAP4430 1GHz)よりさらに性能が向上。
十分な処理速度を確保している。
メモリは8GバイトのROMと1GバイトのRAMを搭載した。



ボディはIPX5/IPX7等級の防水性能とIP5Xの防塵性能を備え、水回りや雨の中などでも安心して使える。
カメラは800万画素のCMOSで、ソフトウェアでの手ブレ補正機能を用意した。
動画の記録サイズは1280×720ピクセルのHDまでにとどまるが、名刺リーダーやテキストリーダー、お店情報リーダー、バーコードリーダーといった便利なカメラ機能は継承している。



アプリのバックグラウンド通信などを監視し、電力消費を制御する「エコ技」を搭載しており、スマートフォンに共通の課題であるバッテリーの持ちにも配慮。
液晶テレビAQUOSやAQUOSブルーレイと連携するスマートファミリンクにも対応する。



おサイフケータイやワンセグ、赤外線通信など、日本市場で人気の高い機能も搭載。
テザリングもサポートする。
また製品には大型のアンテナを搭載した専用の充電台も付属する。



b0237119_15521659.jpg

b0237119_1552311.jpg

Magenta RedとBlue lackはマットな黒、Whiteは光沢のある白。大型のモバキャス受信用アンテナを備えた専用充電台が付属する


b0237119_15524910.jpg






携帯電話の新規・機種変更お申し込みは
グローバルコミュニケーション・インクへどうぞ



こちらの情報も是非ご覧ください


Amebaブログ


はてなダイアリー


Seesaaブログ


JUGEM
[PR]
by gcinc | 2012-02-16 15:53

「INFOBAR C01」発売 新規は実質3万円弱、機種変は実質3万円台半ば

深澤直人氏が手がける、KDDIのデザイン端末の象徴とも言える「INFOBAR」シリーズの最新モデル「INFOBAR C01」が2月3日に発売された。

都内の量販店では、一括販売価格が7万3680円と案内されている(2012年2月6日時点、以下同様)。

MNP(番号ポータビリティ)制度を利用した場合は一括販売価格が6万3180円、周波数帯変更を伴う機種変更の場合は一括価格は6万8430円。


b0237119_11172768.jpg

b0237119_1118367.jpg
「INFOBAR C01」のボディカラーはICHIMATSU、NISHIKIGOI、KIIRO



毎月割りは新規契約およびMNPの場合1850円(×24回)で、24カ月間利用し続けると合計4万4400円の値引きとなり、実質負担額は新規契約時で2万9280円、MNP時で1万8780円。

機種変更と周波数帯変更の場合は1640円(×24回)で、24カ月間利用し続けると合計3万9360円の値引きを受けられる。

これを適用した機種変更時の実質負担額は3万4320円、周波数帯変更を伴う機種変更時の実質負担額は2万9070円。


なおこの価格はIS NETや安心ケータイサポートといった指定オプションに加入するのが条件となっている。
オプション非加入時は価格が高くなる場合がある。



「INFOBAR C01」の価格
b0237119_11194434.jpg
※価格は店舗指定のオプションに加入した場合




携帯電話の新規・機種変更お申し込みは
グローバルコミュニケーション・インクへどうぞ



こちらの情報も是非ご覧ください

livedoorブログ


Amebaブログ


ココログ


JUGEM
[PR]
by gcinc | 2012-02-08 11:20

iOSデバイス2台で“見えないところ”を見るカメラアプリ「ミッションスコープ -Bluetooth-」

オブラゴンは2月5日、iPhone/iPad向けカメラアプリ「ミッションスコープ -Bluetooth-」をリリースした。価格は170円。


ミッションスコープ -Bluetooth-は、2台のデバイスをBluetoothでリンクさせ、1台をカメラ、もう1台をモニターとして使用できるアプリ。
一方の端末のカメラで撮影した映像が、もう一方の端末のディスプレイにほぼリアルタイムで表示できる。


Bluetoothでの通信が途切れない範囲であれば、カメラとモニターを離して使用できるため、自分の後頭部や家具の裏側など、通常は見にくい場所を見ることが可能となる。
なお映像はスピーディーな動作を実現するため、簡易的な動画となっている。
映像は最大40秒間記録でき、制限時間を超えるか、どちからかのデバイスが停止すると自動的に記録が停止する。
音声の転送・保存はできない。録画した映像はメールで送信可能だ。


対応機種はiOS 5.0以降のiPhone 4S/iPhone 4/iPhone 3GS、iPad 2/iPad。


b0237119_1133061.jpg


b0237119_1134826.jpg





携帯電話の新規・機種変更お申し込みは
グローバルコミュニケーション・インクへどうぞ



こちらの情報も是非ご覧ください

livedoorブログ

Amebaブログ

ココログ

JUGEM
[PR]
by gcinc | 2012-02-07 11:10