ブログトップ

株式会社グローバルコミュニケーション・インク

gcinc.exblog.jp

「SoftBank 4G」スタート


ソフトバンクモバイルの次世代通信サービス「SoftBank 4G」が、2月24日にスタートした。
同時に対応端末の「ULTRA WiFi 4G 101SI」(セイコーインスツル製)が発売され、ウルトラマンと吉本芸人が登場した記念イベントが、東京・汐留のソフトバンク本社で開催された。


b0237119_16243499.jpg




SoftBank 4Gは、ソフトバンクグループのWireless City Planningが提供する「AXGP」方式のサービス。
TD-LTEと100%互換の高速通信が特徴で、規格上の下り最大速度は110Mbpsを誇る(上りは最大10Mbps)
第1弾の101SIは下り最大速度が76Mbpsにとどまるが、今後は110Mbpsに対応した製品が登場する見込み。
SoftBank 4G(AXGP)のサービスエリアは、2012年度末に全国政令指定都市の人口カバー率を99%まで広がる予定。
101SIは3G(DC-HSDPA)もサポートしており、“4G”以外のエリアでは下り最大42Mbps/上り最大5.7Mbpsの通信が行える。


料金プランは専用の「4Gデータし放題フラット」(月額5985円)を用意。
これに4Gデータ通信の基本料金が月525円かかり、合計は6510円になる。
ただし、4月30日までに申し込むと「4Gデータ通信スタートキャンペーン」が適用されて月額4980円(基本料込みで5505円)になるほか、ソフトバンクのスマートフォンやタブレット端末を利用しているユーザーには、月額3880円(基本料は無料)で4G通信が利用できる「スマホセット割」を提供する。


ソフトバンクモバイルは下り最大42Mbpsのデータ通信を「ULTRA SPEED」と銘打ち、CMにウルトラマンを起用。
ULTRA SPEEDよりも高速なSoftBank 4Gについても、引き続きウルトラマンがPRを担当する。




携帯電話の新規・機種変更お申し込みは
グローバルコミュニケーション・インクへどうぞ



こちらの情報も是非ご覧ください


FC2ブログ

Amebaブログ

Seesaaブログ
[PR]
by gcinc | 2012-02-27 16:27
<< NTTドコモ、厚さ6.7ミリの... 2回線目のAndroid端末を... >>