ブログトップ

株式会社グローバルコミュニケーション・インク

gcinc.exblog.jp

Amazonスマートフォンが2012年に登場か――Citigroupが報告

米Amazon.comがタブレット(Kindle Fire)に続き、2012年第4四半期に低価格スマートフォンを発売する――。米Citigroupが11月17日(現地時間)、エクイティリポートでこのような予測を発表した。



Citiのアナリスト、ケビン・チャン氏らがアジアのサプライチェーンを調査したところ、台湾のFoxconn International Holdings(FIH)がAmazonとスマートフォンを開発していると確信したという。FIHは米AppleのiPhoneも製造している。



開発はFIHが行っているが、端末とその部品の製造はFIHの親会社、台湾のHon Hai傘下のTMSが担当するという。TMSはAmazonのKindleシリーズを製造している。



チャン氏らによると、Amazonのスマートフォンは米Texas InstrumentsのOMAP 4を搭載し、価格は100ドル以下になるという。製造コストは150~170ドル掛かるが、Kindle Fire同様にコンテンツ販売のツールとして原価割れで提供するとみている。



リポートでは搭載OSについては触れられていないが、Kindle Fireで採用している米GoogleのAndroidになる可能性が高いといえるだろう。



グローバルコミュニケーションインク>>

こちらのブログもご覧ください>>


採用情報
[PR]
by gcinc | 2011-11-22 11:07
<< スマホからFAX、送信も可能に... ソフトバンクがホークスの日本シ... >>